大連ハンプ匠新精密機械有限公司,いらっしゃいませ! 日本语 English 中文版
Page locationページ位置 : トップページ > ニュース情報 > 業界情報

油圧システムの重畳式油圧弁と油圧ブロックの設計

リリース時点:2020-04-14著者:admin
重ね合わせ式油圧弁を重ね合わせ弁と略称し、板式弁の集積化に基づいてここ10年ほど発展してきた新型の油圧素子です。この弁は板式の油圧弁の機能を持っています。弁体自体は同時に通路体の作用を持っています。それによって上、下の取り付け面が重ね合わせ式の無管接続となり、一体化化された油圧システムを構成しています。
重畳弁は独自のシステムです。各通径シリーズの重畳弁は、主油路とねじ穴の大きさ、位置、数量はそれぞれの通径の板式交換弁と同じである。したがって、同じパス系列の重畳弁は、必要に応じて組み合わせて異なるシステムを構成することができる。
以下の大蘭液圧メーカーは油圧ブロックの設計を紹介します。
1)ブロック構造の集積ブロックの材料は一般的に鋳鉄または鍛鋼であり、低圧固定設備は鋳鉄が使え、高圧強振の場合は鍛鋼が必要である。ブロックは立方体または直方体に加工されます。通常の4周间には、油圧アクチュエータ(油圧シリンダまたは油圧モータ)へのパイプジョイントを1面に加え、残りの3面には標準的な板式油圧弁と少量の重畳弁やプラグインバルブが取り付けられています。これらのバルブの间のオイル路はオイルブロック内部の通路穴によって実现され、ブロックの上下両面はブロック间累积結合面となります。
比較的簡単な油圧システムで、バルブ部品が少なく、同じブロックに取り付けることができます。油圧システムが複雑であれば、制御弁が多く、複数の集積ブロックが積み重なった形をとる。
システムが比較的複雑な油圧システムの場合、各バルブは相互に積み重なった集積ブロックに取り付けられ、上下は主に積み重ね接合面、ドリルは共通圧力油穴P、共用戻り油孔T、漏れ油孔L、4つは積み重ねて締結するボルト穴があります。
つぼ体
P穴は、油圧ポンプから出力される圧力油を調圧して公圧油孔Pに入り、各ユニット回路の圧力油を供給する共用油源としている。
T穴は、各ユニット回路のリターンオイルが共用リターンホールTに通しられ、オイルタンクに戻ります。
L穴、各液圧弁の油漏れは、共用の漏れ穴を通ってタンクに流れ帰ります。
2)統合ブロックの構造寸法の決定外形寸法はバルブの取り付け、穴の配置及びその他の工程要求を満たすことが必要です。工芸穴を減らすために、穴の長さを短縮します。弁の設置位置をよく考慮して、共通の油穴をできるだけ同じ縦に直視するようにします。3つの共通の油穴の座標が同じであるようにして、積み重ねてから3つの主な通路を形成します。
各通油孔の内径は許容流速の要求を満たし、具体的には管径の大きさを参照して穴径を決定し、弁と直接に通じる穴径は取り付けたバルブの油孔通径に等しいものとする。
油圧インテグレーションブロックの設計はいくつかの点に注意しなければなりません。
a、バルブのオプション取り付けサイズ;
b、完成機の構造と配管の配置は、美観、パイプのカーブが少ない、パイプの流れが良いという原則に従って、バルブプレート上の接収位置を選択しなければならない。
c、a、bの2点から弁体の具体的な設計に入る。
d、設計時は圧力穴の厚さの選択に注意し、実際の状況は圧力状況及び弁板材料によって決まる。
e、また、ドリルバルブプレートの技術要求に注意しなければならない。例えば、細長い穴のドリルの振れ誤差など。
f、バルブプレート弁の取り付け面粗さ要求及び交差穴バリ除去など。
g、継手の穴間隔は、両継手の干渉などの現象を防ぐために、バルブプレートを設計する時に注意するべきです。
中低圧系については,油孔間の壁厚は6 mmで,5 mm以下であってはならず,高圧系はもっと大きいべきである。