大連ハンプ匠新精密機械有限公司,いらっしゃいませ! 日本语 English 中文版
Page locationページ位置 : トップページ > 製品情報 > 機関車用船舶用部品

製品情報

推薦製品

  • 異型零件

    この製品の超硬合金は材料の精密加工のために、その硬度……

    異型零件
  • 芯棒

    圧制方向においてスラブまたは焼結体に輪郭を形成する金……

    芯棒
  • 油圧弁

    油圧システムにおける油圧素子の配置形態は現在、集積化……

    油圧弁
  • 亜鉛めっき

    亜鉛は酸に溶けやすく、アルカリにも溶けるので、金属の……

    亜鉛めっき

连络情報

  • 連絡先連絡先:鄭社長
  • 電話電話:+86-130-0946-3686(日本語可)
  • アドレスアドレス:中國遼寧省大連市経済開発区淮河中路3号3棟
QQコンサルティング

硬質クロム

リリース時点:2020-04-14
ハードクロムめっきは従来の表面めっき技術で、70年以上も応用されてきました。クロムめっき層は硬度が高く、耐摩耗性、耐食性が高く、表面の明るさを長く保つことができます。長い間、クロムめっき層は装飾コーティングとしてのほか、機械部品の耐摩耗性と耐腐食性のコーティングとしても広く使われてきました。めっきハードクロムめっき技術はしばしば破損部品の修復に用いられます。

しかし、メッキハードクロムプロセスは深刻な環境問題を引き起こし、クロムめっきプロセスで使用されるクロム酸溶液はクロム酸霧と排水を含む他にもいくつかの欠点があります。例えば、硬さは普通800~900 HVで、硬度はいくつかの陶磁器や金属セラミック材料より低く、しかも硬度は温度上昇とともに低下します。クロムめっき層にはマイクロクラックがあります。腐食媒体は表面から界面に浸透して基体を腐食し、めっきの表面にサビが生じたり剥がれたりします。めっきプロセスの堆積速度が遅く、0.2~0.3 mmの厚さのめっき層はしばしば2~3クラスの時間がかかります。厚めっき層の応用にも不利です。

巻き糸軸

関連情報