大連ハンプ匠新精密機械有限公司,いらっしゃいませ! 日本语 English 中文版
Page locationページ位置 : トップページ > 製品情報 > 機関車用船舶用部品

製品情報

推薦製品

  • 異型零件

    この製品の超硬合金は材料の精密加工のために、その硬度……

    異型零件
  • 芯棒

    圧制方向においてスラブまたは焼結体に輪郭を形成する金……

    芯棒
  • 油圧弁

    油圧システムにおける油圧素子の配置形態は現在、集積化……

    油圧弁
  • 亜鉛めっき

    亜鉛は酸に溶けやすく、アルカリにも溶けるので、金属の……

    亜鉛めっき

连络情報

  • 連絡先連絡先:鄭社長
  • 電話電話:+86-130-0946-3686(日本語可)
  • アドレスアドレス:中國遼寧省大連市経済開発区淮河中路3号3棟
QQコンサルティング

黒色アルマイト

リリース時点:2020-04-14
アルミニウムの陽極酸化とは、電解酸化プロセスであり、この過程で、アルミニウム及びアルミニウム合金の表面は通常酸化膜に転化され、この酸化膜は保護性、装飾性及びその他の機能特性を有している。この定義から出発したアルミニウムの陽極酸化は,陽極酸化膜を生成する工程の一部だけを含む。

金属または合金の作製品を陽極とし,電解法を用いてその表面に酸化膜を形成した。金属酸化物薄膜は表面の着色などの表面状態と性能を変え、耐食性を高め、耐摩耗性と硬さを強化し、金属表面を保護する。例えばアルミニウム陽極酸化は、硫酸、クロム酸、シュウ酸などの対応する電解液の中にアルミニウムとその合金を陽極として置き、特定の条件と印加電流の作用の下で電気分解を行う。陽極のアルミニウムあるいはその合金は酸化して、表面の上でアルミナの薄い層を形成して、その厚さは5~30ミクロンで、硬質の陽極酸化膜は25~150ミクロンに達することができます。陽極酸化後のアルミニウム又はその合金は硬度と耐摩耗性を高め、250~500キロ/平方ミリメートルに達することができ、良好な耐熱性、硬質陽極酸化膜融点は2320 Kに達し、優れた絶縁性、耐破壊電圧は2000 Vに達し、耐腐食性を強め、ω=0.03 NaCl塩煙中で数千時間腐食しない。酸化膜薄層の中には多くのマイクロホールがあり、各種の潤滑剤を吸着し、エンジンシリンダやその他の耐摩耗部品を製造するのに適しています。膜微小孔吸着能力が強くて、色が綺麗で艶やかな色に着色できます。非鉄金属またはその合金(例えばアルミニウム、マグネシウム及び合金など)は陽極酸化処理ができます。この方法は機械部品、飛行機自動車部品、精密機器及び無線器材、日用品と建築装飾などの方面に広く使われています。

巻き糸軸

関連情報