大連ハンプ匠新精密機械有限公司,いらっしゃいませ! 日本语 English 中文版
Page locationページ位置 : トップページ > ニュース情報 > 会社ニュース

横型加工センターの精巧な設計、台座はもとはこのような大学がありますか?

リリース時点:2020-04-14著者:admin
立式NC制御加工センターと横型加工センターはよくある加工センターの分類です。加工行程が同じなら、立式マシニングセンターは価格の優待度から使用範囲にかかわらず、横式マシニングセンターより優れています。横型加工は、多軸連動加工が可能なハイエンドのNC制御マシンで、自動車、宇宙航空、軍工分野の各種の複雑な部品の機械加工に広く使われています。熱源を実現するためには、急速に旋盤を排除することが上記の問題を解決する鍵であり、ベース構造を異にすることにより、切削粉の迅速な排除を実現することが重要な方法である。成海小編は既存の水平加工センター台座をまとめたもので、2つの構造があります。
ベース構造:ベース(1)のZ軸駆動(4)の両側に、ベース全体を貫通するキャビティ(2)(3)を2つ開け、スパイラル排粉器(5)(6)をキャビティにセットします。この構造は、落下粉と排粉空間が小さく、切削熱が狭い排粉チャネル内にあり、各金属体を介してベースに伝導し、かつ、超大型流量冷却に不利な切削液回流です。
ベース構造:ベース(1)の後部の加工側に、半分の大きな空洞(2)を設置し、幅の広いチェーン板排粉器(5)を空洞(2)内に置く。ベース(1)の前部の非加工側には、2つのスパイラルテーパ(3)(4)を採用し、非加工側から飛散した半端切り粉をチェーンボードクリーナー(5)に導入する構造で、前の様々な構造に比べて、旋盤排粉能力を向上させ、加工側の切粉と切削液の迅速な排除台を実現しましたが、その複数の排粉器の組み合わせとベース(1)内部の前後階段の設計は、構造の複雑さと工作機械の保護設計、製造と後期メンテナンスの難しさを増しました。加工側ではなく、飛散した切粉は、切削熱を排粉器などの金属部品を通してベースに伝導します。
つぼ体
横型は全部中央駆動工作機械の台座構造を貫いています。
X軸ベース、Z軸ベース、Z軸ガイドの左支持体、Z軸ガイドの右支持体、ブリッジ、加工側の落下チップチャネル、非加工側の落下チップチャネル、全貫ベースキャビティ、Z軸駆動、Z軸駆動取付体とチェーンフィーダーを含みます。横型はすべて中央駆動工作機械のベース構造を貫き、切削熱のベースへの伝導と超流量切削液の急速な逆流を革新的な構造で遮断し、旋盤加工中のベースの温度上昇と他の部品との温度差を低減し、ベースの熱変形を低減し、旋盤加工の精度を確保しました。
デザインの目的
本技術は提供するものです。横型は全部中央駆動工作機械の台座構造を貫いて、気動方式によって刃のロックと緩みを実現します。サーボモータと同期プーリを通じて、刃台の正確な交換ができます。信頼性の高い性能、位置決めが正確で、構造がコンパクトで、回転速度が速い、騒音が少ない、価格が安いなどの長所があります。ベッドの応用と普及には幅広い市場見通しがある。
上記の技術問題を解決するために採用された技術案は:
X軸ベース、Z軸ベース、Z軸ガイドの左支持体、Z軸ガイドの右支持体、ブリッジ横棒、加工側の落下チップチャネル、非加工側の落下チャネル、全貫ベース空洞、Z軸駆動、Z軸駆動の取り付け体とチェーンブロックの排出器を含みます。
前記第2の横棒から前記X軸ベースまでの領域は、加工側領域であり、前記Z軸ベースの底部までの領域は、非加工側領域であり、前記X軸ベースとの間と前記横棒と前記第2の横棒との間には、前記加工側ノックアウトチャネルが設けられており、前記第3の横棒と前記Z軸ベースの底部との間には、加工側以外の側面が設けられている。落下経路
前記Z軸駆動取付体の上部は、前記第2の横棒と前記第3の横棒の上に設けられており、前記Z軸駆動取付体の下部は、前記Z軸ベースの底部に設けられており、前記Z軸駆動は、前記Z軸駆動取付体に設けられており、前記チェーンブロックの端はベース空洞内を貫通し、前記Z軸ベースの外部に延びる。