大連ハンプ匠新精密機械有限公司,いらっしゃいませ! 日本语 English 中文版
Page locationページ位置 : トップページ > ニュース情報 > 会社ニュース

旋盤と横型加工センターで正確に学校表を使用します。

リリース時点:2020-04-14著者:admin
横型マシニングセンターと旋盤に学校表を使うと、もうちょっと注意が必要です。校表の置き方が変わったからです。
立式加工センターでは、校表は縦に取り付けられていますが、磁力座で主軸のカバーに吸い付けても、刀の頭に入れても重力の方向は変わらないので、測定結果は影響を受けません。
しかし、横型マシニングセンターと旋盤では、磁力座が主軸に取り付けられ、主軸が回転すると重力の方向が変化し、さらに、クランプ棒の軽い変形を引き起こし、学校表が磁力座から遠くなるほど、変形の現象が顕著になります。
巻き糸軸
重力の方向が変わり、重心も変化します。重心が不安定になると、測定結果がそのまま反映されなくなります。
横型加工センターでは、軸に対する校表の回転速度も測定結果に影響します。遠心力によって測定のばらつきが生じます。
これらの悪影響を除去するために、同軸補正テーブルを使用することを推奨します。下の動画から明らかな違いを見つけることができます。