大連ハンプ匠新精密機械有限公司,いらっしゃいませ! 日本语 English 中文版
Page locationページ位置 : トップページ > ニュース情報 > 会社ニュース

精密横型加工センター主軸スライドホルダ安定スライド装置

リリース時点:2020-04-14著者:admin
既存の総合加工機はベースに沿ってスライドして柱を設け、柱内に上下移動可能な形で鞍座を設け、鞍座系は前、後方向に延びる長形の座体で、鞍座に前、後方向に主軸スライドホルダを設け、主軸スライドシート内に主軸を設け、底部と鞍座の間にレール、スライダセットを設けて、この主軸スライドホルダを軸とします。前・後の進退の形が鞍座にスライドします。
しかし、主軸スライドホルダは底と鞍座の間にガイド前、後変位のレール、スライダ群が設けられているため、主軸スライドが前に鞍座を突き出すと先端が垂れやすく、他の方向の動きの自由度の制限が少ないため、鞍座の動きの過程でオフセットや振動などの不調が生じやすく、加工の流れを低下させてしまいます精度。
横型マシニングセンター
スピンドルホルダ安定スライド装置
鞍座本体1を含め、鞍座本体の内部には主軸スライドホルダ本体2があり、主軸スライドホルダ本体には主軸3があり、鞍座本体は駆動装置を介して主軸スライドホルダ本体に接続されており、駆動装置は鞍座本体の後端にサーボモータ4があり、サーボモータはガイドネジ5が接続されています。主軸スライドホルダ本体を連結し、ガイドネジ端部には軸受座14が設けられています。鞍座本体は中間に主軸スライドホルダ設置部7が形成されています。
この主軸スライドホルダ装着部は、前方に穴が開いており、この主軸スライドホルダ装着部の内壁の左、右の両側にそれぞれ左側壁8及び右側壁9が形成されており、左、右側壁の上、下位置にはそれぞれスライダ10が設けられています。
主軸スライド本体の左側面11及び右側面12の上、下位置にはそれぞれ1本のスライドレール13が設けられ、各スライド10に各レールが設けられている。スライダは、それぞれ前と後の間隔で並べられた2つのスライダで、左と右の間隔のスライダ系が対称に設定されています。つまり、全部で8つのスライダです。
サーボモータ4は、ガイドスクリュー5を駆動して回転させ、主軸スライドホルダ本体2は、サドル本体1内で前に進退して移動することができます。回転設定された8つのスライダ10と4本のスライド13の作用により、主軸スライドホルダ本体の移動が安定し、加工の精度が向上します。